分量の手間、洗う手間がいちいち大変

もともと、面倒なことが嫌いです。なので料理は嫌いというか…苦手なんです。というのも、まず分量。小さじだとか大さじだとか計るのが面倒なんですよね。しかも、使った後洗うのが面倒くさい!さじはキュッとした形のものが多いから洗いにくいんです。

基本的に洗いものが嫌いなので、「フライパンひとつでできる」とか以外の料理を作ると、シンクに溜まっていく鍋やさじ、ヘラやお玉などを見てげんなり。食べた後の食器を洗うのも面倒なので、ひとり暮らしの時は皿にあけることなく鍋でそのまま食べていたほど。

次に火加減も料理が苦手なポイントのひとつ。弱火過ぎるとなかなか火が通らないし、かといって少し強火にするとあっという間にこげついてしまう。こげつきは特に最悪で…一心不乱にゴシゴシこすらなければなりません。正直言って疲れてしまいます。

簡単な料理道具、として保温調理鍋というものも買ったんですが、やっぱりただそのまま放っておくからでしょうか、確かに料理は完成するけれどおいしくないんですよね。味が。

今主婦で子どももいるから仕方なくやっていますが、しなくていいならしたくないとまで感じます。特に子どもが食べてくれなかった時はテンションダダ下がり。喜んで食べてくれれば、労力が報われるんですけどね。野菜嫌いの子どもなので…なかなか難しい感じです。