不器用で料理下手な私。料理なんて一生したくない!

家事は得意な方で、掃除や洗濯などしていても負担だと感じず、むしろ楽しめています。ですが、料理に関しては昔から苦手でした。その理由は、何事にも不器用で、応用が効かないことにあります。

最近はインターネットなどで、料理の作り方などの説明があり、手順通りに行えば、私でも何点か作れるものもあります。しかし、野菜を切ったり皮をむく料理は一つも出来ません。千切りやみじん切りなどが、とても苦手。何度か挑戦しましたが、指を切ってしまい、それからは怖くて出来なくなりました。

皮むきも薄く出来ず、食べられる部分が少なくなる有様。あと料理のレシピにある大さじや小さじ何杯や少々などの加減もよく分からず、出来上がってみると、味がなかったり有りすぎたりなど、美味しくできる確率はかなり低いです。

そして料理を苦手にしている1番の問題点は、食材をどれくらい買えばいいのか分からない所。料理を作ろうとレシピを見て、お肉や魚、野菜などを買うのですが、いつもたくさん余らせてしまいます。余った食材を違う料理に応用できず、冷蔵庫に入れたまま腐らせてしまう事が多いです。

それらの事から、毎日の食事は、米だけを炊いて、おかずはフライパンでそのまま焼くだけ、サラダはレタスとトマトなど包丁を使わないものなどで簡単に済ますようにしています。